もちろん冬にも大活躍!シンプルシャツを賢く着回す7つの方法

もちろん冬にも大活躍!シンプルシャツを賢く着回す7つの方法

ワードローブを支える王道アイテムと言えば…。そう、飽きのこないシンプルなシャツ達です。どんな着こなしにも対応できるその優秀さは、冬にも存分に生かしたい!というわけで今回は、そんなシャツの威力に改めてフォーカスし、冬にぴったりの着回し方をご紹介したいと思います。 2017年11月13日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
シーン・季節
冬コーデ
着まわし
白シャツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
441

シャツのコーデパターンを増やしたい!

シーズンレスに使えるプレーンシャツ。でもどうせなら、その着回しバリエをさらに増やし、冬コーデの幅をうんと広げてみませんか?そこで今回ピックアップしたのが、シンプルシャツを使った7つの着回しテク。すぐに真似できそうなものに絞りましたので、ぜひチェックして、冬のファッション計画に役立ててみてくださいね。

出典:

シーズンレスに使えるプレーンシャツ。でもどうせなら、その着回しバリエをさらに増やし、冬コーデの幅をうんと広げてみませんか?そこで今回ピックアップしたのが、シンプルシャツを使った7つの着回しテク。すぐに真似できそうなものに絞りましたので、ぜひチェックして、冬のファッション計画に役立ててみてくださいね。

ざっくりニットのインナーに

シャツのスマートさで着こなしをシャキッと引き締めて

一歩間違えると野暮ったくなってしまいそうなローゲージのビッグニット。シャツを裾から覗かせて、都会的なエッセンスをプラスします。

出典:

一歩間違えると野暮ったくなってしまいそうなローゲージのビッグニット。シャツを裾から覗かせて、都会的なエッセンスをプラスします。

ノルディック柄ニットも大人っぽく

ノスタルジックな編地のセーターは、冬ムードを盛り上げる定番アイテム。そのテイストゆえ子供見えすることもありますが、シャツを少し出すだけで、グンと落ち着いた印象に導けます。

出典:

ノスタルジックな編地のセーターは、冬ムードを盛り上げる定番アイテム。そのテイストゆえ子供見えすることもありますが、シャツを少し出すだけで、グンと落ち着いた印象に導けます。

プルオーバーの下に仕込んでしっかり防寒

秋に着ていたトップスを冬にも有効利用しよう

ニットを着るほどではないけれど、プルオーバー1枚じゃちょっと寒い。そんな日は、シャツを活用したこんなレイヤードテクが使えます。

出典:

ニットを着るほどではないけれど、プルオーバー1枚じゃちょっと寒い。そんな日は、シャツを活用したこんなレイヤードテクが使えます。

ボーダーのラフさを抑える力もアリ!

オーソドックスなシャツは、もちろんボーダー柄とも好相性。クレバーな白シャツなら、ボーダーのカジュアル加減も程よくセーブできますよ。

出典:

オーソドックスなシャツは、もちろんボーダー柄とも好相性。クレバーな白シャツなら、ボーダーのカジュアル加減も程よくセーブできますよ。

ワントーンコーデのアクセントとして

淡いブラウンもスッキリ冴える白シャツ効果

ニュアンスのある曖昧カラーはこなれ見えする一方で、着こなしがぼやけやすいという側面も。ですが白シャツを投入すると、淡いトーンはそのままに、ブラウンコーデがクリーンに引き立ちます。

出典:

ニュアンスのある曖昧カラーはこなれ見えする一方で、着こなしがぼやけやすいという側面も。ですが白シャツを投入すると、淡いトーンはそのままに、ブラウンコーデがクリーンに引き立ちます。

グレーに合わせればハンサム指数が急上昇

マットなセメントグレーを着るときは、コーデに立体感を出すことが重要です。シャツを使って白を散らし、もっさり感のないマニッシュルックに引っ張って。

出典:

マットなセメントグレーを着るときは、コーデに立体感を出すことが重要です。シャツを使って白を散らし、もっさり感のないマニッシュルックに引っ張って。

デニムシャツならそのブルーを差し色に

カジュアルルックを品よく昇華

ベージュとホワイトがメインのパンツルック。そこに薄いブルーを差し込むと、パリシックなノーブル配色が完成します。

出典:

ベージュとホワイトがメインのパンツルック。そこに薄いブルーを差し込むと、パリシックなノーブル配色が完成します。

ニットとデニムの間に挟めば爽やかグラデが即完成

真っ白なニットにインディゴデニム。捻りを加えたいときは、隙間にデニムシャツを挿入して、美しいグラデーションをつくりましょう。

出典:

真っ白なニットにインディゴデニム。捻りを加えたいときは、隙間にデニムシャツを挿入して、美しいグラデーションをつくりましょう。

シャツの「中に」洋服を着る

シンプルなタートルニットを忍ばせて

プルオーバーやセーターの下に重ねるだけが、シャツの着回し方ではありません。こんな風にニットの上からパサッと着流せば、「さり気ないのになんかおしゃれ」な、垢抜けオーラが漂います。

出典:

プルオーバーやセーターの下に重ねるだけが、シャツの着回し方ではありません。こんな風にニットの上からパサッと着流せば、「さり気ないのになんかおしゃれ」な、垢抜けオーラが漂います。

薄っすら透けるボーダー柄もおしゃれです

シンプルスタイルに少しだけ盛りを加えたい!気負いなく羽織れる白シャツは、そんな微妙な要望にもしっかり応えてくれるんです。

出典:

シンプルスタイルに少しだけ盛りを加えたい!気負いなく羽織れる白シャツは、そんな微妙な要望にもしっかり応えてくれるんです。

1枚じゃ心許ないミニマムトップスと

ショート丈カーディガンもこれなら安心!

ロングスカートとのバランスが取りやすい短めのカーディガン。とは言っても、それ1枚ではさすがにちょっと着れないから、白シャツをカーディガンとスカートの“間持たせ役“として抜擢します。

出典:

ロングスカートとのバランスが取りやすい短めのカーディガン。とは言っても、それ1枚ではさすがにちょっと着れないから、白シャツをカーディガンとスカートの“間持たせ役“として抜擢します。

スウェットアイテムに与える適度な緊張感

ロゴ入りトレーナーとダメージデニム。もちろん、これだけでも十分素敵ではありますが、シャツをインに着ることで、ほんの少しのピリッと感が生まれます。

出典:

ロゴ入りトレーナーとダメージデニム。もちろん、これだけでも十分素敵ではありますが、シャツをインに着ることで、ほんの少しのピリッと感が生まれます。

ワンピorサロペットの下にイン!

ひと手間加えるだけで着こなしに奥行きが

上下のスタイリングが不要の楽ちんワンピ。ですが、あえてシャツを着込むというステップを踏めば、装いの洗練度はさらにアップしていきます。

出典:

上下のスタイリングが不要の楽ちんワンピ。ですが、あえてシャツを着込むというステップを踏めば、装いの洗練度はさらにアップしていきます。

ご近所感を払拭する白シャツパワー

エフォートレスなサロペットは、部屋着っぽいイメージをしっかり拭っておきたいところ。白シャツを滑り込ませ、完璧なタウンウェアに仕上げましょう。

出典:

エフォートレスなサロペットは、部屋着っぽいイメージをしっかり拭っておきたいところ。白シャツを滑り込ませ、完璧なタウンウェアに仕上げましょう。

シャツの万能さに改めて注目!

いかがでしたか?単品で着るもよし、レイヤードして着るもよし。ベーシックなシャツは、私達のワードローブにとって、まさに縁の下の力持ち的存在です。冬も積極利用して、着回しスキルに磨きをかけていきましょう!

出典:

いかがでしたか?単品で着るもよし、レイヤードして着るもよし。ベーシックなシャツは、私達のワードローブにとって、まさに縁の下の力持ち的存在です。冬も積極利用して、着回しスキルに磨きをかけていきましょう!

キナリノアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play