選ぶならこれ!〈ストレートデニム〉でつくる上品&カジュアルな秋コーデ♪

選ぶならこれ!〈ストレートデニム〉でつくる上品&カジュアルな秋コーデ♪

そろそろ秋も深まってきましたね。過ごしやすい日が増え、秋ファッションも楽しんでいる人も多いのではないでしょうか?しかし今の時期のような季節の変わり目は気温の変動も多く、何を着ればいいのか迷ってしまうことも。そこでおすすめなのが「ストレートデニム」。最近ではスキニーやワイドシルエットが人気だったので新鮮さもちょっぴりありつつ、定番としての安心感もあります。そして定番ゆえ、どんなトップスにも合うのが嬉しいポイントでもあるんです。 2017年10月16日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
シーン・季節
秋コーデ
デニム
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
296

ちょっぴり新鮮?ストレートデニムがとても優秀

選ぶならこれ!〈ストレートデニム〉でつくる上品&カジュアルな秋コーデ♪
出典:www.instagram.com(@strato_saro)
まだ少し汗ばむような日や逆に肌寒くて震えるような日もあり、毎朝何を着ようか迷ってしまう今日この頃。トップスもボトムも迷ってしまうと、忙しい朝はドタバタですよね。そんなときは、まずボトムを決めてしまいましょう。

迷ったらまずは定番から。そこで頼りになるアイテムなのが「ストレートデニム」です。どんなトップスにも合わせやすく、インディゴカラーなら、それだけで秋の雰囲気を演出することができます。

ブラウスできちんと感のあるカジュアルスタイル

まずは白シャツ×ストレートデニムから

パリッとアイロンがかかったオックスフォードシャツをあえてストレートデニムで。堅苦しさを程よくくずした上で、きちんと感はキープできます。バッグやアクセサリーをシャツに合わせてセレクトすると洗練された印象になります。
出典:

パリッとアイロンがかかったオックスフォードシャツをあえてストレートデニムで。堅苦しさを程よくくずした上で、きちんと感はキープできます。バッグやアクセサリーをシャツに合わせてセレクトすると洗練された印象になります。

レトロシックなブラウスでクラシカルコーデ

秋らしいマロンブラウンのブラウスに少しワイドめのストレートデニムを合わせれば、旬なクラシカルコーデの完成です。エナメル素材のバレエシューズでちょっぴりツヤ感もプラス♪
出典:

秋らしいマロンブラウンのブラウスに少しワイドめのストレートデニムを合わせれば、旬なクラシカルコーデの完成です。エナメル素材のバレエシューズでちょっぴりツヤ感もプラス♪

ほどよい甘さが今の気分

フェミニンなブラウスをストレートデニム+スニーカーでコーディネート。ハイウエストデニムを選べば、ちょっぴりヴィンテージ感の漂う秋コーデになります。
出典:

フェミニンなブラウスをストレートデニム+スニーカーでコーディネート。ハイウエストデニムを選べば、ちょっぴりヴィンテージ感の漂う秋コーデになります。

トレンドカラーはトップスで

大人の余裕を演出するならブラウン

地味になりがちなブラウンのトップスもストレートデニムにイン、きちんとベルトやアクセサリーを付ければ上品なカジュアルコーデになりますよ。今年は少し赤みのあるブラウンを選ぶと◎です。
出典:

地味になりがちなブラウンのトップスもストレートデニムにイン、きちんとベルトやアクセサリーを付ければ上品なカジュアルコーデになりますよ。今年は少し赤みのあるブラウンを選ぶと◎です。

秋晴れに映えそうなモスグリーン

今年のトレンドカラーでもあるモスグリーン。リブニットとストレートデニムの組み合わせも上品な印象でおすすめです。
出典:

今年のトレンドカラーでもあるモスグリーン。リブニットとストレートデニムの組み合わせも上品な印象でおすすめです。

トレンドのネイビーで旬顔に

定番のネイビーも今年のトレンドカラーのひとつ。ネイビー×インディゴカラーでワントーンコーデを楽しんでもいいですし、写真のようにウォッシュ系デニムでややカジュアル度を上げてもいいですね。プレスの入ったストレートデニムなら崩し過ぎた印象にもなりません。
出典:

定番のネイビーも今年のトレンドカラーのひとつ。ネイビー×インディゴカラーでワントーンコーデを楽しんでもいいですし、写真のようにウォッシュ系デニムでややカジュアル度を上げてもいいですね。プレスの入ったストレートデニムなら崩し過ぎた印象にもなりません。

アウターとのコーデも気になります

今はまだ軽めのカーディガンで

ロングカーデは今年も一枚は持っておきたいアイテム。ほどよい太さのストレートデニムとの相性も抜群です。小柄さんでもバランスの取りやすいコーディネートです。
出典:

ロングカーデは今年も一枚は持っておきたいアイテム。ほどよい太さのストレートデニムとの相性も抜群です。小柄さんでもバランスの取りやすいコーディネートです。

キリッとちょっぴり辛口に

黒のレザーライダースジャケットでハンサムなカジュアルコーデ。ベレー帽とストレートデニムでちょっぴりフレンチな雰囲気もあるので不思議と柔らかな印象に見えます。
出典:

黒のレザーライダースジャケットでハンサムなカジュアルコーデ。ベレー帽とストレートデニムでちょっぴりフレンチな雰囲気もあるので不思議と柔らかな印象に見えます。

アクセントカラーを上手く使おう

コートの出番が増えてくると、見えるのは足元くらいになってしまいます。そこでストレートデニムの裾をロールアップしてアクセントに♪さらにチラリと見えるソックスに差し色を取り入れればもうおしゃれ上級者です。
出典:

コートの出番が増えてくると、見えるのは足元くらいになってしまいます。そこでストレートデニムの裾をロールアップしてアクセントに♪さらにチラリと見えるソックスに差し色を取り入れればもうおしゃれ上級者です。

軽く見せたいならウォッシュ系もアリ!

秋の白はオフホワイトをチョイス

白×ウォッシュ系デニムはどうしても夏っぽい印象になりがち。トップスはニット素材を選んだり、ハイネックやボトルネックなどウォーム感のあるデザインを選ぶときちんと季節感が出ますよ。
出典:

白×ウォッシュ系デニムはどうしても夏っぽい印象になりがち。トップスはニット素材を選んだり、ハイネックやボトルネックなどウォーム感のあるデザインを選ぶときちんと季節感が出ますよ。

海外モデルのようなこなれ感

あえてカジュアルなウォッシュ系デニムにツヤのあるサテン地のブラウスを。ストレートデニムだと品よくまとまるのに、気張った感じになりません。
出典:www.instagram.com(@aranciatobuyer)

あえてカジュアルなウォッシュ系デニムにツヤのあるサテン地のブラウスを。ストレートデニムだと品よくまとまるのに、気張った感じになりません。

足元を秋色で締める

かなりウォッシュのきいたデニムでも不思議ときれいに見えるのがストレートデニムの良さ。その良さを活かすならこっくり秋色のパンプスで合わせてみては?今年のおすすめカラーはボルドーです。
出典:www.instagram.com(@aranciatobuyer)

かなりウォッシュのきいたデニムでも不思議ときれいに見えるのがストレートデニムの良さ。その良さを活かすならこっくり秋色のパンプスで合わせてみては?今年のおすすめカラーはボルドーです。

秋のおしゃれはストレートデニムで乗り切ろう

選ぶならこれ!〈ストレートデニム〉でつくる上品&カジュアルな秋コーデ♪
出典:www.instagram.com(@strato_saro)
ストレートデニムを使った秋コーデ、いかがでしたか?実はどんなアイテムにも合わせやすい万能ボトムなので、1本持っていると着こなしの幅がぐっと広がります。定番シルエットだからこそ、主張しすぎず、合わせるアイテムの雰囲気にしっくりなじむ…。この秋はそんな優秀ボトムを活用して、毎日のコーディネートのお悩みを乗り切りましょう。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play