1. トップ
  2. ファッション
  3. ファッション小物
  4. ちょっと恥ずかしいけど、挑戦したい!「スカーフ・ベルト・サングラス」の浮かないコーデ
ちょっと恥ずかしいけど、挑戦したい!「スカーフ・ベルト・サングラス」の浮かないコーデ

ちょっと恥ずかしいけど、挑戦したい!「スカーフ・ベルト・サングラス」の浮かないコーデ

暑い夏ならではのファッション、楽しんでいますか?夏は重ね着もあまりできず、コーディネートがシンプルになりがち。でも、おしゃれさん上級者さんは不思議とセンス良く見えますよね。そのポイントは“小物”です。ちょっとした小物使いで普段のコーディネートが格段にセンスアップします。特にこの夏は大注目の「スカーフ」「ベルト」、さらに夏の日差し対策に「サングラス」も上手に取り入れたいところ。今回はこの「スカーフ・ベルト・サングラス」をコーディネートに上手く取り入れるコツをご紹介します。2017年08月02日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード
ファッション小物マフラー・スカーフ
お気に入り数203

おしゃれを底上げしてくれる【小物】、上手く使えていますか?

ちょっと恥ずかしいけど、挑戦したい!「スカーフ・ベルト・サングラス」の浮かないコーデ
出典:stocksnap.io
夏のファッションは、秋冬のように重ね着でおしゃれを楽しむことが難しいですよね。

だからこそ、小物まで手を抜かずにコーディネートしたいもの。とはいえ、「何をどうしたらいいの!?」と悩んでいる人も多いかと思います。

特に、ファッション小物でちょっぴり難易度が高いのが【スカーフ】【ベルト】【サングラス】です。「イマイチ使いこなせない」「ちょっと気恥ずかしい」といったこともあるかもしれませんね。

おしゃれ初心者さんでも、さりげなく取り入れるにはどうしたらよいのでしょうか。

首元だけじゃない。腰元、バッグ、頭にも。【スカーフ】

ちょっと恥ずかしいけど、挑戦したい!「スカーフ・ベルト・サングラス」の浮かないコーデ
出典:
シンプルなファッションをさりげなく格上げしてくれるのが【スカーフ】。ツヤのあるシルク素材やさらりとしたコットン素材、大きさも大小さまざまです。

柄がプリントされているものがほとんどなので、無地コーディネートのアクセントにも一役かってくれます。

スカーフ“らしく”使う。「首元に巻く」

首にさらりとひと巻き。白いブラウスをより爽やかに引き立ててくれます。さらに、知らないうちに焼けてしまう首元の紫外線対策にも♪
出典:

首にさらりとひと巻き。白いブラウスをより爽やかに引き立ててくれます。さらに、知らないうちに焼けてしまう首元の紫外線対策にも♪

ベーシックになりすぎるボーダーコーデも、スカーフをプラスするだけで大人マリンコーデに♪

ボーダー×バンダナ柄スカーフも素敵ですね。ブローチやヘアゴムで留めればさりげないワンポイントにも。
出典:

ベーシックになりすぎるボーダーコーデも、スカーフをプラスするだけで大人マリンコーデに♪

ボーダー×バンダナ柄スカーフも素敵ですね。ブローチやヘアゴムで留めればさりげないワンポイントにも。

今季のトレンドにぴったり♪「ウエストベルトとして巻く」

ボトムにトップスイン、が今のトレンド。そのトレンドをもっと楽しむためのスカーフ使いが、「ベルト巻き」です。

スカーフを細く折りたたんでボトムのベルトループに通すだけ。テクニックの要らないスカーフ使いです。
出典:

ボトムにトップスイン、が今のトレンド。そのトレンドをもっと楽しむためのスカーフ使いが、「ベルト巻き」です。

スカーフを細く折りたたんでボトムのベルトループに通すだけ。テクニックの要らないスカーフ使いです。

オールブラックのワントーンコーデもスカーフがあるだけで、グッと洗練された印象になります。スカーフとはいえ、ベルトがあるとちょっとした“きちんと感”が出ますね。
出典:

オールブラックのワントーンコーデもスカーフがあるだけで、グッと洗練された印象になります。スカーフとはいえ、ベルトがあるとちょっとした“きちんと感”が出ますね。

今すぐできる♪「バッグにスカーフ」

今年はバスケット風のかごバッグが人気ですが、SNSなどでもみなさん使っているのが「スカーフアレンジ」です。

ハンドル部分に巻きつけるだけなので、小さめのスカーフでもOK♪少し長めに垂らしたり、リボン結びにしたり、結び方のアレンジを楽しみましょう。
出典:

今年はバスケット風のかごバッグが人気ですが、SNSなどでもみなさん使っているのが「スカーフアレンジ」です。

ハンドル部分に巻きつけるだけなので、小さめのスカーフでもOK♪少し長めに垂らしたり、リボン結びにしたり、結び方のアレンジを楽しみましょう。

かごバッグだけではなく、普段使いのバッグにもおすすめです。シンプルコーデもちょっぴり大人っぽく格上げしてくれます。夏らしい色や柄のスカーフをチョイスしてバッグも“夏モード”に♪
出典:

かごバッグだけではなく、普段使いのバッグにもおすすめです。シンプルコーデもちょっぴり大人っぽく格上げしてくれます。夏らしい色や柄のスカーフをチョイスしてバッグも“夏モード”に♪

まとめ髪におすすめ♪「ターバン巻き」

暑い夏はついつい髪の毛もざっくりまとめたくなりますね。でもアレンジは苦手……という人は、ぜひスカーフを巻いてみてください。

手ぐしでまとめただけのヘアスタイルが、一気におしゃれヘアに♪洋服と同系色のスカーフを選べば、しっくりなじみますよ。
出典:

暑い夏はついつい髪の毛もざっくりまとめたくなりますね。でもアレンジは苦手……という人は、ぜひスカーフを巻いてみてください。

手ぐしでまとめただけのヘアスタイルが、一気におしゃれヘアに♪洋服と同系色のスカーフを選べば、しっくりなじみますよ。

ハーフアップにも♪結び目を見せる巻き方もカチューシャのようでかわいいですね。
出典:

ハーフアップにも♪結び目を見せる巻き方もカチューシャのようでかわいいですね。

スカーフを使った簡単ヘアアレンジを動画でご紹介♪

今年はだんぜん太幅!【ベルト】

ちょっと恥ずかしいけど、挑戦したい!「スカーフ・ベルト・サングラス」の浮かないコーデ
出典:
“ウエストイン”がトレンドの中、今注目されているのが「太幅ベルト」です。さまざまなタイプが出ていますが、「結ぶタイプ」が今年らしいデザイン。

スカートやパンツだけでなく、ワンピースに合わせても、クラシカルな雰囲気を楽しめるのでおすすめです。

夏らしいTシャツ×デニムコーデに

今年はデニムもワイドやハイウエストなど、トップスインが映えるデザインが人気です。そのコーディネートをさらに格上げくれるのがベルト。

太幅ベルトならウエスト部分が隠れるので、トップスインに慣れていない人でも取り入れられそう♪
出典:

今年はデニムもワイドやハイウエストなど、トップスインが映えるデザインが人気です。そのコーディネートをさらに格上げくれるのがベルト。

太幅ベルトならウエスト部分が隠れるので、トップスインに慣れていない人でも取り入れられそう♪

コルセット風の太幅ベルトでウエストマーク。Tシャツだけだと“ゆるーい”コーディネートになりますが、ベルトがあるだけでキリッと引き締まりますね。夏の“ちょい辛”コーデです。
出典:

コルセット風の太幅ベルトでウエストマーク。Tシャツだけだと“ゆるーい”コーディネートになりますが、ベルトがあるだけでキリッと引き締まりますね。夏の“ちょい辛”コーデです。

リラックスコーデをクラシカルに

リゾート風のワンピースに太幅ベルトを巻くだけで、一気にタウンユースな表情に。さらふわワンピースは暑い夏の味方。ベルトを上手く使って、さまざまなシーンで楽しみましょう♪
出典:

リゾート風のワンピースに太幅ベルトを巻くだけで、一気にタウンユースな表情に。さらふわワンピースは暑い夏の味方。ベルトを上手く使って、さまざまなシーンで楽しみましょう♪

ふんわりブラウス×ボタニカル柄ワイドパンツというリラックス系コーディネートも今年の旬顔です。他の人とちょっぴり差別化したいならぜひベルトを使ってみて。おしゃれ度&おとな度が上がりますよ。
出典:

ふんわりブラウス×ボタニカル柄ワイドパンツというリラックス系コーディネートも今年の旬顔です。他の人とちょっぴり差別化したいならぜひベルトを使ってみて。おしゃれ度&おとな度が上がりますよ。

太幅以外のおすすめベルト

おしゃれさんが次に注目しているのが、「柄ベルト」。こちらはちょっぴりエスニックなムードも漂う編み込みベルトです。無地コーデが人気の昨今、とても活躍してくれそうなアイテムですね。
出典:

おしゃれさんが次に注目しているのが、「柄ベルト」。こちらはちょっぴりエスニックなムードも漂う編み込みベルトです。無地コーデが人気の昨今、とても活躍してくれそうなアイテムですね。

ハイウエストにぴったりの「細ベルト」。細いのでカラーで遊ぶこともできます。大人っぽさ、上品さ、女性らしさ、全てをこの細ベルトが演出してくれます。
出典:

ハイウエストにぴったりの「細ベルト」。細いのでカラーで遊ぶこともできます。大人っぽさ、上品さ、女性らしさ、全てをこの細ベルトが演出してくれます。

恥ずかしがらずに。目を守る効果もあるんです。【サングラス】

ちょっと恥ずかしいけど、挑戦したい!「スカーフ・ベルト・サングラス」の浮かないコーデ
出典:unsplash.com
海外では紫外線の強い夏になると老若男女問わず着用している「サングラス」。なぜか日本では「おしゃれな人が使うアイテム」のようなイメージがあり、慣れないと不思議な恥ずかしさを抱いてしまいます。

でも、年々暑くなっているということもあり、今後は目を紫外線から守るためにも「サングラス」は必須アイテムになりそう。そのためにも“さりげなく”つけることができるよう、積極的に取り入れていきましょう。

帽子×サングラスだと少し抵抗がなくなります

「どうしても恥ずかしい!」という人は、着用せずにアクセサリー感覚から始めるのもアリですよ。

チョイスするサングラスは、今トレンドのメガネのデザインを参考にすると良さそうです。きっと自分にぴったりの1本が見つかりますよ♪
出典:

「どうしても恥ずかしい!」という人は、着用せずにアクセサリー感覚から始めるのもアリですよ。

チョイスするサングラスは、今トレンドのメガネのデザインを参考にすると良さそうです。きっと自分にぴったりの1本が見つかりますよ♪

帽子をかぶると頭~おでこにかけて隠れるので、サングラスもいつもより抵抗なくつけることができそう。
出典:

帽子をかぶると頭~おでこにかけて隠れるので、サングラスもいつもより抵抗なくつけることができそう。

お手本は海外スナップ

海外スナップを見ていると、まとめ髪×サングラスの組み合わせをよく見かけます。ざっくりとまとめたヘアスタイルにさっとかければ、一気にこなれ感アップ♪
出典:

海外スナップを見ていると、まとめ髪×サングラスの組み合わせをよく見かけます。ざっくりとまとめたヘアスタイルにさっとかければ、一気にこなれ感アップ♪

シンプル&爽やかな夏コーデにさらりとなじむサングラス。目指すはこのくらいのさりげなさですね。
出典:

シンプル&爽やかな夏コーデにさらりとなじむサングラス。目指すはこのくらいのさりげなさですね。

シンプルなフレンチカジュアルにも♪ベレー帽とサングラスの相性が絶妙ですね。サングラスをチャレンジするなら、シンプルなコーディネートの方がつけやすそうです。
出典:

シンプルなフレンチカジュアルにも♪ベレー帽とサングラスの相性が絶妙ですね。サングラスをチャレンジするなら、シンプルなコーディネートの方がつけやすそうです。

夏ファッションをさらに楽しもう♪

ちょっと恥ずかしいけど、挑戦したい!「スカーフ・ベルト・サングラス」の浮かないコーデ
出典:
小物だけでコーディネートの鮮度がアップするなら、どんどん取り入れていきたいですよね♪
しかも、小物使いのテクニックが上達すれば、秋冬のファッションにも活かせます。

お気に入りアイテムをちょっとずつ増やしながら、あなたらしい“夏コーデ”を楽しんでくださいね。
もうひとりの自分に変身♪ 大人の女性らしい「おしゃれメガネ」を集めたよ
もうひとりの自分に変身♪ 大人の女性らしい「おしゃれメガネ」を集めたよ

顔の印象を簡単に変えられるアイテムとして、このところますます人気の「おしゃれメガネ」。いつものファッションにメガネをプラスするだけでおしゃれに見せてくれるのがメガネの魅力。フレームの形や素材、色などで知的にも可愛らしい印象にもなれます。今回は、大人の女性らしいおしゃれな眼鏡選びについてご紹介します。

顔の印象を変えてくれる、『メガネ』。フレームの形や素材、色などで知的にも可愛らしい印象にもチェンジすることができます。ファッションアイテムとしてのメガネを、おしゃれに楽しみませんか?

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play