4dcfb8d1d10483342db5e96a046a4494c7a5f567

vol.63 Pumpulipuikko・溝渕亜由美さん
ひと針ひと針想いを込めた“愛すべき一品”を

おまじないの呪文のような、不思議な名前のアクセサリーブランド Pumpulipuikko(プンプリプイッコ)。溝渕亜由美さんがひと針ひと針丁寧に作る刺繍とビーズがメインのピアスたちは、色とりどりで個性豊かです。人気のため入手困難ですが、待っている間もなんだか楽しく、そして手に入れたときの喜びはひとしお。手元に届いた作品には、溝渕さん直筆のお手紙が添えられています。高知に住む溝渕さんを訪ね、絶妙な色合わせについて、そしてお客様とのやりとりについて伺ってきました。(2017年06月23日作成)

写真:神ノ川智早 文:キナリノ編集部

子どものころ、欲しくて欲しくてたまらなかったおもちゃをようやく買ってもらえた、あのときの喜びを覚えているでしょうか。簡単にものが手に入るようになった今、あのなんともいえぬ気持ちを味わう機会は少なくなりました。大人になった私たちは、欲しいものを「欲しい」と思う前に手にしているのではないかと思うほどです。

粛々と想いをつのらせて手に入れたときの喜びは、何ものにも代えがたいもの。きっと末永く愛用したい愛すべき一品になるはずです。
——「Pumpulipuikko(プンプリプイッコ)」。
おまじないのような不思議な名前のアクセサリーブランドが、大切にしたいそんな気持ちを思い出させてくれます。
vol.63 Pumpulipuikko・溝渕亜由美さん
ひと針ひと針想いを込めた“愛すべき一品”を

(画像提供:Pumpulipuikko)

(画像提供:Pumpulipuikko)

個性が引き立つ「OHANA(おはな)」たち

繊細な作りに丁寧な手仕事を感じる刺繍ワークのピアス。Pumpulipuikkoは、刺繍と木のアイテムを扱うアクセサリーブランド。メインアイテムである「OHANA(おはな)」は、たっぷりあしらわれたビーズと絶妙な色合わせの刺繍が特徴です。オーダーを受けてから要望にあわせて色合わせした作品は、まさに「世界にひとつだけ」のもの。制作数に限りがあるため先着順だという作品は、オンライン販売とオーダー注文がありますが、毎回あっという間に完売してしまうのだとか。
お客さんの中には「いつか」と想い焦がれてようやく叶ったという人も多く、届いた作品にはその想いに応えるように手書きのお手紙が添えられています。

そんなPumpulipuikkoにまつわるストーリーを伺いたい、とアクセサリー作家・溝渕亜由美さんのご自宅兼アトリエのある高知県へ行ってきました。

高知県は、パワフルな太陽と大きな海に懐の広さを感じる土地でした

高知県は、パワフルな太陽と大きな海に懐の広さを感じる土地でした

「ようこそいらっしゃいました!」
空港に降り立った私たちを迎えてくれたのは、溝渕さんの満開の笑顔。宮崎県出身で3年ほど前に高知県に嫁いできたという溝渕さんは、生まれ育った南国の太陽のように、いるだけでその場がパッと華やぐ女性でした。
会った瞬間から、ユーモアのあるおしゃべりと弾ける笑顔で一緒にいる人を心地よくしてくれる溝渕さん

会った瞬間から、ユーモアのあるおしゃべりと弾ける笑顔で一緒にいる人を心地よくしてくれる溝渕さん

築60年の離れをリノベーションしたというお住いは、古きよき味わいを活かした素敵な空間です

築60年の離れをリノベーションしたというお住いは、古きよき味わいを活かした素敵な空間です

おまじないのように唱えたくなる「Pumpulipuikko(プンプリプイッコ)」

高知の日の光にきらめくビーズと艶やかな刺繍糸。ひと針ひと針丁寧に作られているのが伝わります

高知の日の光にきらめくビーズと艶やかな刺繍糸。ひと針ひと針丁寧に作られているのが伝わります

「 ちちんぷいぷいに似た、おまじないのような響きがかわいいと思って」
ブランド名の由来をたずねると、溝渕さんはそういって隣に座るご主人と顔を見合わせ笑います。
「ブランド名を考えているとき、フィンランド語を調べていたら、辞書で“Pumpulipuikko:綿棒”っていうのを見つけたんです(笑)主人も『響きが可愛いし、面白くていいんじゃない』って同意してくれたのでこれに決めました」
なんと、ブランド名の意味は綿棒!ロゴも綿棒になっているというから、茶目っ気たっぷりで人を楽しませるのが好きな溝渕さんらしいといえます。気軽な気持ちからつけた名前ですが、今ではすっかりお気に入りなのだそう。
vol.63 Pumpulipuikko・溝渕亜由美さん
ひと針ひと針想いを込めた“愛すべき一品”を

Pumpulipuikkoをスタートしたのは、1年ほど前。昔から集めていた手芸の材料で何か作りたいとSNSで発信したところ、友人から「お任せするから何か作って」と頼まれ制作したのが花の刺繍ピアスでした。当初からデザインの形はそのまま変わりません。
「作品をSNSにアップしたら知らない方からもご要望いただいて。それなら作ってみようかなって。それがブランドスタートのきっかけです」
vol.63 Pumpulipuikko・溝渕亜由美さん
ひと針ひと針想いを込めた“愛すべき一品”を

お客様の数だけある
絶妙な色合わせ
Pumpulipuikkoの「OHANA」は、お客様の数だけ色の組合せがあります。
「色合わせは自分の中でこだわりがあります。作りながら感覚で色を合わせていくことが多いのですが、『この色を合わせたらこの色が引き立つかな』とか、対比する色を入れることが多くて。メインにする色が引き立つようにアクセントのカラーを入れることが多いですね」
デザインは一緒でも微妙な色の違いによってイメージも変化するから不思議です。
ビーズ部分のイメージは同じだというオーダー品の子たち。少しの違いが表情を変えます

ビーズ部分のイメージは同じだというオーダー品の子たち。少しの違いが表情を変えます

Pumpulipuikkoのオーダーで面白いのが「レモンケーキのイメージで」だったり、「お気に入りのお洋服の柄を参考に作ってほしい」といった要望があること。そのイメージは溝渕さんの感性で「色」に落とし込まれ、作品に反映されていきます。
「お客様も気がついていない『きっと好きだろうな』というニュアンスを入れたいと思っています。でき上がった作品を見たお客様に『そうそう!これ!こういうのが欲しかった』と喜んでいただけるのがうれしい」と溝渕さん。
vol.63 Pumpulipuikko・溝渕亜由美さん
ひと針ひと針想いを込めた“愛すべき一品”を

人の好みをつかむ楽しさを知ったのは、高知に嫁ぐ前、宮崎でエクステリアの仕事をしていた経験から。庭と家まわりのプランナーとしてお客様の好みのテイストを組み立てるときに、その人の好きな雰囲気やその家にはどんな素材が合うか、いろいろなものからニュアンスで感じ取り作り上げていったものが今に生かされています。
「デザインの構想をサプライズのようにギリギリまで内緒にして『どやっ』と出したときに、『どうして分かったの!?』という反応をもらえるのが嬉しくて(笑)」と溝渕さん。

うまく言葉で伝えることが難しいイメージを汲み取って形にしていく。本人すら気がついていない「好き」を提案できたときに喜びを感じると、嬉しそうに話します。

自由でのびやかな「色合わせの感性」ができるまで

vol.63 Pumpulipuikko・溝渕亜由美さん
ひと針ひと針想いを込めた“愛すべき一品”を

絶妙な色合わせもPumpulipuikkoの魅力のひとつですが、色に対する感性はどこで育まれたのでしょうか。幼少のころの溝渕さんは、絵を描くことやものづくりが好きなお母様の影響もあり、感性のおもむくまま自由に創作する少女でした。色へのこだわりはそのころから垣間見えます。
もの持ちのよい溝渕さん。いくつかある刺繍の枠の中には、なんと溝渕さんのお母様が高校時代に使っていたものも

もの持ちのよい溝渕さん。いくつかある刺繍の枠の中には、なんと溝渕さんのお母様が高校時代に使っていたものも

「クーピーとかクレヨンを買ったとき、最初の並び順だと中途半端な位置にベーシュやグレーが入ってるのが気になって(笑)自分のこだわりで全部グラデーションになるよう並べなおしたり。昔から整理整頓が好きなんですが、引き出しの中やTシャツも色のグラデーションで並べたりしていました」
ビーズなどの収納も色別のグラデーションで

ビーズなどの収納も色別のグラデーションで

そして、見せてくれたのが5歳のころに作ったというボタンが縫い付けられたハンドタオル。
「母がいうには、ボタンケースの中から自分でちゃんと色を選んでつけていたようです」
5歳にしてこのクオリティはさすが。糸の色やボタンの配置など意図的にデザインされた作品は、今のPumpulipuikkoに通ずる可愛らしさがあります。

幼いころの色への感性は、その後、高校・短大と産業デザイン科に進んだことで、より実践的な色の基礎知識として培われていきました。
宮崎に暮らすお兄さんがずっと大事にとっておいてくれていたという作品

宮崎に暮らすお兄さんがずっと大事にとっておいてくれていたという作品

インスピレーションは
自然の中の色から
色彩で影響を受けているものは?と伺うと「私、昆虫が好きなんです」と、溝渕さんはおもむろに本棚から昆虫図鑑を取り出してきました。
色とりどりの昆虫たちがアートのように美しい図鑑。『世界一うつくしい昆虫図鑑』(宝島社)

色とりどりの昆虫たちがアートのように美しい図鑑。『世界一うつくしい昆虫図鑑』(宝島社)

「作るときに何かの色を参考にすることはないんですが、植物や昆虫、自然の中の色は自分の感性のベースにあります。宮崎にいたころ、外そうじをしていたらキラキラ光る『大青蜂(オオセイボウ)』という昆虫を見つけて。自然光の中でいろいろな色に変化するのが美しくて、昆虫に興味がわきました。自然の中で生まれる色って面白いなって」

昆虫に興味をもつきっかけになったハチの一種『大青蜂(オオセイボウ)』

昆虫に興味をもつきっかけになったハチの一種『大青蜂(オオセイボウ)』

ひとりひとりへの想いをしたためたお手紙

溝渕さんにお話を伺っていると、何度も耳にするのが「お客様に恵まれている」という言葉。
「主人の両親が材木店を営んでいるのもあり、嫁いできたからには家業もしっかりこなしたいという想いがあります。その分制作できる数が限られてしまい申し訳ない気持ちですが、とにかくお客様に恵まれていて。今回撮影した作品たちは、オーダー品が完成してこれからお客様に発送するものなんですが、取材があるので紹介したいと事情を説明したら、みなさん快く発送を待ってくださったんです。お客様の中には『マタニティフォトの撮影で使いたいから』と一度お送りしたものの、返送してくださった方もいらして……」と言葉を詰まらせ、「涙もろいんです」と照れ笑い。
vol.63 Pumpulipuikko・溝渕亜由美さん
ひと針ひと針想いを込めた“愛すべき一品”を

先日のオーダー受付けの際も、先着30名のところに170件ものオーダー依頼のコメントがきていて感動のあまり号泣したのだとか。
「購入できなかった方には申しわけないのですが、『くやしいけど、また頑張ります』というコメントをくださる方も多くて本当にあり難いです。それでも欲しいと思ってくださることが嬉しくて、いただいたコメントは丁寧に返しています」

溝渕さんは、対面販売ではないことや数が多く作れないこともあり、お客様を大事にしたいという気持ちから、作品に手書きの手紙を添えています。
vol.63 Pumpulipuikko・溝渕亜由美さん
ひと針ひと針想いを込めた“愛すべき一品”を

「私の中のベースとしてお客様に『たくさんのお客の中のひとりなんだ』という気持ちになって貰いたくないというのがあるんです。ご購入されていない方にも自分の言葉でコメントを返しているのは、おひとりおひとりがPumpulipuikkoの大事なお客様だから」

そして手塩にかけた作品達を渡すとなると、つい熱量のある手紙になってしまうといいます。
「手紙には、お客様への想いはもちろん、作品にかけた想いも伝えています。気に入っていただけたことに感謝の気持ちを伝える術が、それしか浮かばなくて。なんでも買える時代だからこそ、こういうのを大事にしたいなって」
伝わるからうれしい
「喜ばせたい」という想い
「せっかくいらしたのだから、ぜひ高知の美味しいものを召し上がっていってください」と、取材スタッフをもてなしてくれた溝渕さんとご主人。

手作りだという鶏ハムに、ふわふわのしらす丼、宮崎のお母様お手製の味噌が入ったまろやかな味わいのお味噌汁。どれもこれも丁寧に作られていて、作品やお客様に対してだけでなく普段の暮らしの節々にも、丁寧に想いを込めているのが伝わります。
「僕の友人なんかがきても、色々ともてなしてくれるのであり難いです」とご主人

「僕の友人なんかがきても、色々ともてなしてくれるのであり難いです」とご主人

溝渕さんからは、いつも「相手を喜ばせたい」という気持ちを感じます。
「私はクリエイターの方が向いてるんだなって思います。もともとは絵を描くのが好きでアートをやりたい気持ちが強かったんですが、今思えば、アーティストよりも相手がいて表現するクリエイターのほうが合ってるみたいです」
お客様が好きそうなものを探り、提案をすることで、自分の良さも引き出されて「こんな自分もあったんだ」と意外な発見もある。一方通行ではないお互いのやりとりが好きだ、と笑います。

ご縁のあるタイミングを待つのも、きっと楽しい

作品をお送りしたお客様から溝渕さんに届くことがある、と見せてくれたお礼のお手紙。その中の一文に目がとまりました。

“つけるとき、少し背筋がのびます。このピアスが似合う素敵な女性になれるように頑張ります“

その文面からは、ずっとずっと大切にしたいお気に入りの一品に出逢えたうれしさが溢れていました。
vol.63 Pumpulipuikko・溝渕亜由美さん
ひと針ひと針想いを込めた“愛すべき一品”を

なんでも手に入る今、片想いのようにひとつのアイテムに想いをつのらせて「いつかのタイミングでご縁がありますように」と、そのときまでそっと待っている時間も楽しいもの。

どのお洋服に合わせよう?
これをつけてどこへでかけよう?
きっと、晴れた空に似合うはず。


ひと針ひと針、丁寧に作られるPumpulipuikko。
待ってる時間さえも愛おしい。そんなアクセサリーのお話でした。
(取材・文/西岡真実)
92afa4e5c47d03a16539129e85877eef851f6a50

Pumpulipuikko|ぷんぷりぷいっこ

ひとつひとつ心を込めて丁寧に制作された刺繍と木のアクセサリーブランド。 刺繍糸やビーズ、パーツなどの色の組み合わせひとつで、世界にたったひとつのアクセサリーができます。お出かけ前にいつも思わず手にとって選んでしまう。そんな『お気に入りの一点』を目指して制作しています。

公式HP
公式Instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キナリノアプリをApp Storeからダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

iPhoneアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリをApp Storeからダウンロード, width="100%", height="100%"