「結婚式」には何を着てくのが正解?知っておきたい『服装マナー&最新パーティーコーデ』

「結婚式」には何を着てくのが正解?知っておきたい『服装マナー&最新パーティーコーデ』

暖かい日も増えてきましたね。3月から5月にかけて、実は結婚式シーズンだということをご存知ですか?そういえばお呼ばれが何件か…という人もいるはず。結婚式にお呼ばれされるとまず悩むのが「服装」ですよね。それなりに大人の女性としては、服装のマナーなどもきちんと理解した上で晴れの日のコーディネートを楽しみたいもの。今回はおすすめコーディネートだけでなく、知っておきたいマナーのポイントもご紹介します。 2017年03月15日作成

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
コーディネート
ワンピース
パーティー
結婚式
ファッション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
110

春は「結婚式」の多いシーズン

「結婚式」には何を着てくのが正解?知っておきたい『服装マナー&最新パーティーコーデ』

出典: www.photo-ac.com

一般的に3月から5月にかけて、結婚式が多いと言われています。
理由はさまざまですが、やはり天候的なことが一番大きな要因かもしれません。

冬が終わり春を迎えると不思議と明るく前向きな気持ちになりますよね。
新郎新婦だけでなく、ゲストも晴れやかな気分で参加できる季節です。
お呼ばれされたら次は「何を着て行こう?」と悩む人がほとんどですよね。結婚式、披露宴、二次会など呼ばれるシーンによってもそのTPOは微妙に変わってきます。

出典: www.photo-ac.com

お呼ばれされたら次は「何を着て行こう?」と悩む人がほとんどですよね。結婚式、披露宴、二次会など呼ばれるシーンによってもそのTPOは微妙に変わってきます。

知ってる?結婚式に参加する際の服装マナー

結婚式など晴れの場にお呼ばれした際は、大人としての最低限のマナーは守って参加したいものです。マナーを知らずに参加してしまうと、自分が恥をかくだけではなく、新郎新婦にも恥をかかせてしまいます。

出典: www.photo-ac.com

結婚式など晴れの場にお呼ばれした際は、大人としての最低限のマナーは守って参加したいものです。マナーを知らずに参加してしまうと、自分が恥をかくだけではなく、新郎新婦にも恥をかかせてしまいます。

○知っておきたいマナーのポイント
・白はNG→純白は花嫁さんの特権です。
・露出の多すぎる服装はNG→過度なミニ丈や肩出しなどは避けましょう。
・ファーなどの毛皮・ヘビやワニなどの動物皮はNG→殺生をイメージさせるため。
・リクルートスーツはNG→不祝儀の印象が強いため。
・昼間の結婚式は光り物(アクセサリーやバッグ)はNG→写真撮影などで反射したりするため。
・足元はサンダル・ブーツはNG→つま先の隠れるパンプスにしましょう。

最新のパーティースタイルが知りたい♪

定番の「黒」は華やかさを意識して

大きさの異なるパールが首元にたくさんあしらわれているセットアップドレス。程よく光沢のあるふんわりスカートは女性らしい華やかさを演出してくれます。実際に参加する際は、羽織ものがあると◎です。

出典:

大きさの異なるパールが首元にたくさんあしらわれているセットアップドレス。程よく光沢のあるふんわりスカートは女性らしい華やかさを演出してくれます。実際に参加する際は、羽織ものがあると◎です。

袖があれば羽織ものいらず

結婚式用のワンピースは意外とノースリーブデザインも多いですよね。ノースリーブだと羽織ものも用意しなければなりませんが、袖ありワンピースならその心配もありません。大人の上品さも演出できて一石二鳥です♪

出典:

結婚式用のワンピースは意外とノースリーブデザインも多いですよね。ノースリーブだと羽織ものも用意しなければなりませんが、袖ありワンピースならその心配もありません。大人の上品さも演出できて一石二鳥です♪

袖にデザインポイントがあるワンピースも素敵です。完全に長袖よりは、手首が出るくらいの7分袖や5分袖の方が重たく見えません。

出典:

袖にデザインポイントがあるワンピースも素敵です。完全に長袖よりは、手首が出るくらいの7分袖や5分袖の方が重たく見えません。

素材や小物で華やかなパンツスタイルも

結婚式ではワンピースが基本とされていますが、最近ではおしゃれなパンツスタイルも増えています。リクルート感が出ないよう、素材や小物などで華やかさを意識しましょう。

出典:

結婚式ではワンピースが基本とされていますが、最近ではおしゃれなパンツスタイルも増えています。リクルート感が出ないよう、素材や小物などで華やかさを意識しましょう。

カラードレスも注目

華やかな場には華やかなカラーを♪黒もシックで素敵ですが、カラードレスもおすすめです。ネイビーなら派手すぎず、清楚で上品なパーティースタイルに。

出典:

華やかな場には華やかなカラーを♪黒もシックで素敵ですが、カラードレスもおすすめです。ネイビーなら派手すぎず、清楚で上品なパーティースタイルに。

春ならばこのくらい優しいカラーを纏ってみてもいいですね。華やかな色なのでアクセサリーはシンプルでも良さそうです。

出典:

春ならばこのくらい優しいカラーを纏ってみてもいいですね。華やかな色なのでアクセサリーはシンプルでも良さそうです。

おしゃれさんにはオールインワンタイプもおすすめ

最近おしゃれさんの間で注目されているのが、オールインワンタイプ。「オールインワン」と聞くとカジュアルな印象を浮かべてしまうかもしれませんが、こんなロングワンピース風のオールインワンもあるんです。素材やカラーを選べばきちんとハレの日対応になります。

出典:

最近おしゃれさんの間で注目されているのが、オールインワンタイプ。「オールインワン」と聞くとカジュアルな印象を浮かべてしまうかもしれませんが、こんなロングワンピース風のオールインワンもあるんです。素材やカラーを選べばきちんとハレの日対応になります。

胸元にレースのあしらわれた品のあるオールインワン。胸元が開きすぎないデザインなのも好感が持てますね。パンツ部分はワイドシルエットだと体型カバーもできて、トレンド感もたっぷり♪

出典:

胸元にレースのあしらわれた品のあるオールインワン。胸元が開きすぎないデザインなのも好感が持てますね。パンツ部分はワイドシルエットだと体型カバーもできて、トレンド感もたっぷり♪

バックがポイントのワンピースも素敵♪

自分では見えなくとも、後姿も大事。そのような細かい気遣いができるのも素敵な大人の女性だからこそ。背筋もピンと伸ばして歩きましょうね。

出典:

自分では見えなくとも、後姿も大事。そのような細かい気遣いができるのも素敵な大人の女性だからこそ。背筋もピンと伸ばして歩きましょうね。

バックスタイルがこんなにゴージャスなデザインのものもあるんです。結婚式では羽織ものを羽織って控えめに、二次会やパーティーではぜひこのデザインを見せて後ろ美人に♪

出典:

バックスタイルがこんなにゴージャスなデザインのものもあるんです。結婚式では羽織ものを羽織って控えめに、二次会やパーティーではぜひこのデザインを見せて後ろ美人に♪

異素材コンビのデザインワンピース

トップス部分は光沢のある素材、スカート部分は総レース素材という、素材の表情を楽しむワンピース。レースはそれだけで華やかな印象になるので余計なアクセサリーは要りません。

出典:

トップス部分は光沢のある素材、スカート部分は総レース素材という、素材の表情を楽しむワンピース。レースはそれだけで華やかな印象になるので余計なアクセサリーは要りません。

一般的には単色コーディネートが結婚式のマナーですが、雰囲気やカジュアル度合によってはこんなワンピースをチャレンジしてみては?華美になりすぎない花柄なら春の結婚式にぴったりです。

出典:

一般的には単色コーディネートが結婚式のマナーですが、雰囲気やカジュアル度合によってはこんなワンピースをチャレンジしてみては?華美になりすぎない花柄なら春の結婚式にぴったりです。

羽織ものはどうすればいいの?

しっかりとした大人の女性らしさを出したいなら、ジャケットタイプがおすすめ。写真のようなぺプラムデザインならウエストラインのシルエットも美しく見えますよ。

出典:

しっかりとした大人の女性らしさを出したいなら、ジャケットタイプがおすすめ。写真のようなぺプラムデザインならウエストラインのシルエットも美しく見えますよ。

春らしくふんわり♪コンパクトなボレロ風ジャケットはワンピースとの相性抜群です。特にフィット&フレアタイプやAラインタイプのワンピースにおすすめです。

出典:

春らしくふんわり♪コンパクトなボレロ風ジャケットはワンピースとの相性抜群です。特にフィット&フレアタイプやAラインタイプのワンピースにおすすめです。

気になる二の腕をしっかり隠してくれるボレロカーディガンはとても優秀。カーディガンはニットではなくシフォンなどフォーマルな素材を選ぶようにしましょう。

出典:

気になる二の腕をしっかり隠してくれるボレロカーディガンはとても優秀。カーディガンはニットではなくシフォンなどフォーマルな素材を選ぶようにしましょう。

華やかで晴れやかなお祝いを

「結婚式」には何を着てくのが正解?知っておきたい『服装マナー&最新パーティーコーデ』

出典: www.photo-ac.com

最近は結婚式のスタイルも多様化しているので、一辺倒なルールが全て当てはまるわけではありませんが、大人の女性として常識的なマナーは知っておきたいでところです。
出席する結婚式のフォーマル度、ゲストの雰囲気などを加味した上で、自分らしいパーティースタイルを楽しんでみてくださいね。