ゆったり、なのに上品。【ワイドパンツ】を大人ルーズに着こなすコツ

ゆったり、なのに上品。【ワイドパンツ】を大人ルーズに着こなすコツ

秋・冬も大人気のワイドパンツ。ゆったりリラックスできるので、大人のカジュアルスタイルには欠かせませんよね?ただ、気をつけないとダボッとだらしなく見えてしまうことも…ここでは、フロントインしたり、ワントーンコーデにしたりと、ワイドパンツを大人っぽく上品に着こなすコツをお手本コーデとともにご紹介します。上手に着こなせば、大人のこなれ感を演出できるのでぜひ参考にしてみてくださいね。 (2016年10月27日作成)

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
リラックス
ゆったり
秋冬ファッション
大人コーディネート
ワイドパンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
77

大人の女性ならではの、ワイドパンツ着こなし術

秋・冬もまだまだ楽しみたいワイドパンツ♪春夏はコンパクトなトップスが多いので、バランス良くコーディネートできたけど、秋冬のコーデはちょっと難しそう…。コーディネートによっては、部屋着っぽくなってしまったり、だらしなくみえてしまうことも!

ここでは、ニットや羽織りものなど、これからの季節のトップスとワイドパンツのコーデ術をご紹介します。程よくリラックスしてるのに上品、そんな理想のスタイリングを目指しましょう。

出典:

秋・冬もまだまだ楽しみたいワイドパンツ♪春夏はコンパクトなトップスが多いので、バランス良くコーディネートできたけど、秋冬のコーデはちょっと難しそう…。コーディネートによっては、部屋着っぽくなってしまったり、だらしなくみえてしまうことも!

ここでは、ニットや羽織りものなど、これからの季節のトップスとワイドパンツのコーデ術をご紹介します。程よくリラックスしてるのに上品、そんな理想のスタイリングを目指しましょう。

『センタープレス』のパンツなら履くだけで品良く

パンツの中央に折り目の入った「センタープレス」のワイドパンツなら、履くだけでキレイめコーデが完成!
腰回りがすっきりしたテーパードシルエットなら、さらにきちんとした印象に◎。トップスはゆったりめですが、首回りにゆとりがあるので華奢で女性らしい雰囲気に。

バッグとパンプスはブラックでシックにまとめつつも、あえてニット帽ではずしをきかせているのがオシャレ。

出典:

腰回りがすっきりしたテーパードシルエットなら、さらにきちんとした印象に◎。トップスはゆったりめですが、首回りにゆとりがあるので華奢で女性らしい雰囲気に。

バッグとパンプスはブラックでシックにまとめつつも、あえてニット帽ではずしをきかせているのがオシャレ。

ほっこりした可愛らしいニットでも、センタープレスのパンツを合わせれば、遊び心あふれる大人のルーズスタイルに。足元はパンプスできりりと引き締めて!

出典:

ほっこりした可愛らしいニットでも、センタープレスのパンツを合わせれば、遊び心あふれる大人のルーズスタイルに。足元はパンプスできりりと引き締めて!

ボーダーのカットソーにフランネルのパンツ、スニーカーといったカジュアルなスタイルも、センタープレスなら洗練された印象に。ストールやバッグなど小物は上質なものを選ぶのが大人ルーズのポイントです。

出典:

ボーダーのカットソーにフランネルのパンツ、スニーカーといったカジュアルなスタイルも、センタープレスなら洗練された印象に。ストールやバッグなど小物は上質なものを選ぶのが大人ルーズのポイントです。

『フロントイン』で、こなれシルエットに

ワイドパンツにゆったりめのトップスを合わせるときは、フロントのトップスをインしてみて。アシンメトリーでスタイル良く見えるし、こなれ感もぐっと増します。
ウール素材のワイドパンツにVネックニットといった「ゆったり×ゆったり」のコーデは、フロントインがきいた絶妙なシルエット。さらに、首・手首・足首をみせることで、だぼつかずにぬけ感のあるスタイリングに仕上がります。

出典:

ウール素材のワイドパンツにVネックニットといった「ゆったり×ゆったり」のコーデは、フロントインがきいた絶妙なシルエット。さらに、首・手首・足首をみせることで、だぼつかずにぬけ感のあるスタイリングに仕上がります。

綿100%の着心地の良さと、シャリ感のある素材感が魅力のワイドパンツには、コクーンシルエットのボーダーカットソーを。フロントインすることで、部屋着っぽい着こなしにはなりません。上下ともにカジュアルなアイテムなら、靴とバッグはレザーなど上品なものをチョイスしましょう。

出典:

綿100%の着心地の良さと、シャリ感のある素材感が魅力のワイドパンツには、コクーンシルエットのボーダーカットソーを。フロントインすることで、部屋着っぽい着こなしにはなりません。上下ともにカジュアルなアイテムなら、靴とバッグはレザーなど上品なものをチョイスしましょう。

パジャマパンツのようなギンガムチェックのワイドパンツは、リラックス感がなんともかわいいですよね。ただ、普通に着るとパジャマっぽさが強調されてしまうので、ここでもやっぱりトップスをフロントイン!

柄物など主張の強いパンツのときは、トップスの色はひかえめにしつつ、写真のようにデザインで遊ぶのが◎。

出典:

パジャマパンツのようなギンガムチェックのワイドパンツは、リラックス感がなんともかわいいですよね。ただ、普通に着るとパジャマっぽさが強調されてしまうので、ここでもやっぱりトップスをフロントイン!

柄物など主張の強いパンツのときは、トップスの色はひかえめにしつつ、写真のようにデザインで遊ぶのが◎。

シャツのきっちり感と、パンツのリラックス感は相性◎!

ゆったりしたワイドパンツに、あえてシャツを合わせて。「きっちり×リラックス」のバランスが絶妙で、きちんと感を忘れたくない大人の女性にぴったりです。
上下ともにビッグシルエットなのに、きりっとした雰囲気に見えるのは「白シャツ」のおかげ。一番上のボタンまで留めれば、さらに凛とした佇まいに。

出典:

上下ともにビッグシルエットなのに、きりっとした雰囲気に見えるのは「白シャツ」のおかげ。一番上のボタンまで留めれば、さらに凛とした佇まいに。

グレーのスウェットパンツは、リラックスムード満点。それだけに、気をつけないと部屋着のような印象に…。そんな時も、シャツは便利です。さらに襟をぬいて裾をフロントインすれば、スタイルアップ効果が◎!

出典:

グレーのスウェットパンツは、リラックスムード満点。それだけに、気をつけないと部屋着のような印象に…。そんな時も、シャツは便利です。さらに襟をぬいて裾をフロントインすれば、スタイルアップ効果が◎!

こちらは、ブラックのシャツを合わせて少しメンズライクに。大人っぽい雰囲気が漂うのは、落ち着いたトーンでまとめているから。

出典:

こちらは、ブラックのシャツを合わせて少しメンズライクに。大人っぽい雰囲気が漂うのは、落ち着いたトーンでまとめているから。

『ハイウエスト×トップス全部IN』で、スタイルアップ!

ワイドパンツは、スタイルが悪く見えないか不安な方におすすめなのは、ハイウエストタイプ。コンパクトなトップスの裾を全部INすれば、脚長シルエットに!
ワイドパンツにハイネックニットを合わせて。腰周りや脚など気になる部分を全てカバーしてくれる太めのワイドパンツなのに、すっきりスタイル良く。「ハイウエスト×センタープレス×裾にかけて広がるシルエット」この3つを意識して選べば、ワイドパンツでも洗練された印象に。

出典:

ワイドパンツにハイネックニットを合わせて。腰周りや脚など気になる部分を全てカバーしてくれる太めのワイドパンツなのに、すっきりスタイル良く。「ハイウエスト×センタープレス×裾にかけて広がるシルエット」この3つを意識して選べば、ワイドパンツでも洗練された印象に。

ボーダーシャツも、裾を全部インすれば、いつもと違った雰囲気を楽しめます。着なれたボーダーも、全身をモノトーンでまとめると、かっこいい着こなしになりますね。

出典:

ボーダーシャツも、裾を全部インすれば、いつもと違った雰囲気を楽しめます。着なれたボーダーも、全身をモノトーンでまとめると、かっこいい着こなしになりますね。

ウェストのベルトとタックから裾にかけてゆるやかに広がるラインが女性らしいワイドパンツには、ボーダーVネックのニットでリラックス感をプラス。かごバッグが秋の装いにもしっくり馴染んで素敵ですね。

出典:

ウェストのベルトとタックから裾にかけてゆるやかに広がるラインが女性らしいワイドパンツには、ボーダーVネックのニットでリラックス感をプラス。かごバッグが秋の装いにもしっくり馴染んで素敵ですね。

淡い『ワントーンコーデ』で、明るくナチュラルに

トップス・ボトムス、どちらも淡いカラーでそろえたワントーンコーデもおすすめ。ワイドパンツをナチュラルに着こなすことができます。
トップスとパンツのオフホワイトと、Gジャンとスニーカーのブルーの組み合わせが、なんとも爽やか。洋服はシンプルにまとめたら、バッグはフリンジ付きのクラッチで遊んでみるのも大人の余裕が感じられて素敵です。

出典:

トップスとパンツのオフホワイトと、Gジャンとスニーカーのブルーの組み合わせが、なんとも爽やか。洋服はシンプルにまとめたら、バッグはフリンジ付きのクラッチで遊んでみるのも大人の余裕が感じられて素敵です。

上下をベージュでまとめれば、女性らしいやわらかな雰囲気に。ヘアスタイルはコンパクトにまとめると、バランス良くすっきり見えます◎!

出典:

上下をベージュでまとめれば、女性らしいやわらかな雰囲気に。ヘアスタイルはコンパクトにまとめると、バランス良くすっきり見えます◎!

ワイドだけど、半端丈。ぬけ感が出て、軽やかに

ワイドパンツの重たい印象が苦手なら、丈が短めのタイプをチョイスしてみて。足元にぬけ感が出て、秋・冬でも軽やかな着こなしが可能になります。
ほんの少し、パンツの裾から真っ白のソックスをのぞかせるだけで、コーデが明るく見えるから不思議。肩にかけたGジャン、首に巻いたスカーフ、ボストン型のミニバッグ…小物の使い方も本当に上手なので、ぜひ参考にしてみて。

出典:

ほんの少し、パンツの裾から真っ白のソックスをのぞかせるだけで、コーデが明るく見えるから不思議。肩にかけたGジャン、首に巻いたスカーフ、ボストン型のミニバッグ…小物の使い方も本当に上手なので、ぜひ参考にしてみて。

こちらは、洋服は全てダークカラーで統一。パンツの裾から足首が見えているので、ヘルシーな印象です。スニーカーは白をチョイスして、さらに明るさをプラス。

出典:

こちらは、洋服は全てダークカラーで統一。パンツの裾から足首が見えているので、ヘルシーな印象です。スニーカーは白をチョイスして、さらに明るさをプラス。

デニムのワイドパンツも、コーデ次第で大人っぽく♪

カジュアルなデニムパンツ。ワイドタイプなら、女性らしく大人っぽく着こなせるんです。ちょっとしたコツを参考にしてみてください。
デニムのワイドパンツは、やわらかな生地を選べば重たい印象になりません。トップスは白のカットソーでさらに明るく♪ハイウエスト×ロングカーディガンの組み合わせは、スタイル良く見えるのでおすすめです。

出典:

デニムのワイドパンツは、やわらかな生地を選べば重たい印象になりません。トップスは白のカットソーでさらに明るく♪ハイウエスト×ロングカーディガンの組み合わせは、スタイル良く見えるのでおすすめです。

少し明るいトーンのデニムを選ぶのもおすすめ。トップスもゆったりめなのにスタイル良く見えるのは、バックフレアデザインのおかげ。パリジェンヌみたいな、潔いシンプルさがかっこいいですね。

出典:

少し明るいトーンのデニムを選ぶのもおすすめ。トップスもゆったりめなのにスタイル良く見えるのは、バックフレアデザインのおかげ。パリジェンヌみたいな、潔いシンプルさがかっこいいですね。

デニムワイドパンツ×ショート丈のレザージャケットの組み合わせは、新鮮。ボーダーカットソー、ニット帽、めがねでオフの日のちょっとしたお出かけにぴったりですね♪丈は短めで、軽やかさもプラス。

出典:

デニムワイドパンツ×ショート丈のレザージャケットの組み合わせは、新鮮。ボーダーカットソー、ニット帽、めがねでオフの日のちょっとしたお出かけにぴったりですね♪丈は短めで、軽やかさもプラス。

『ロングシルエット』のアウターで、縦長ラインを強調

ワイドパンツに、あえてロング丈のアウターを合わせるのもこなれ感が出ておすすめ。縦長ラインが強調されるので、全身がすっきり見えます。
どうしても重たい印象になりがちな黒のワイドパンツには、こんな風に明るいカラーのアウターを羽織ってみて。首から足元まに向かって、だんだんと広がるラインがおしゃれ上級者さんっぽい。

出典:

どうしても重たい印象になりがちな黒のワイドパンツには、こんな風に明るいカラーのアウターを羽織ってみて。首から足元まに向かって、だんだんと広がるラインがおしゃれ上級者さんっぽい。

テロンとした素材のパンツに、同系色のベージュのニットを合わせて。上に羽織ったカーキのコートとの組み合わせもナチュラルで素敵。

出典:

テロンとした素材のパンツに、同系色のベージュのニットを合わせて。上に羽織ったカーキのコートとの組み合わせもナチュラルで素敵。

秋・冬は、ワイドパンツで大人ルーズを楽しんで

ワイドパンツの大人な装いのご紹介、いかがでしたか?リラックスムードと品の良さ、どちらも大切にしつつ、色々な着こなしを楽しんでみてくださいね。

出典:

ワイドパンツの大人な装いのご紹介、いかがでしたか?リラックスムードと品の良さ、どちらも大切にしつつ、色々な着こなしを楽しんでみてくださいね。

Img line pc01

キナリノ公式LINE@をはじめました

1日1回キナリノ編集部が厳選したまとめをお届けします♪

Img line qr

QRコードでLINEの
友だちを追加
LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャン。

or
Img line pc02

IDで検索する[その他]タブの[友だち追加]で[ID/電話番号]を選択。[ID]にチェックし、[@kinarino]と入力。