マナーもおしゃれも◎な服装って? 結婚式のお呼ばれファッション(洋服編)

マナーもおしゃれも◎な服装って? 結婚式のお呼ばれファッション(洋服編)

もうすぐジューンブライドの季節。年齢を重ねると、結婚式のお呼ばれファッションに悩む事はありませんか? 自分らしいファッションは必要ですが、マナーも大事な条件です。 今回はマナーも守ったおしゃれなナチュラルファッションをご紹介します。 2017年02月17日更新

カテゴリ:
ファッション
キーワード:
結婚式
ドレス
着こなし
お呼ばれ
服装
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
213

結婚式ファッションのマナー

マナーもおしゃれも◎な服装って? 結婚式のお呼ばれファッション(洋服編)

出典:

結婚式の服装にはいくつかの決まりがあります。

・白い服装はしない
 これは、花嫁さんとかぶってしまう為です。主役をより引き立てる為にも白は避けた方が無難です

・ミニ丈ドレス・肩出しドレス
 現在はあまり意識されていませんが、年配の方などは気にする方が多いようです。
 極端な露出は避けるのが無難です。

・ファーを使用しない
 「殺生」をイメージする為です。こちらも現在は気にしない方が多いようですが、やはり気にされる方も居ますので避ける 事が無難です。

結婚式ファッションのマナー〜足元編~

生足はNG! 必ずストッキングを履きましょう

結婚式の服装はただえさえ悩むものなのですが、これは必ず!というポイントがあります。それがストッキングです。基本的に結婚式のコーディネートになると女性の場合はスカートやワンピースが多くなるかと思います。すると自ずと足が出てしまうのですが、素足はこういったフォーマルな場ではマナー違反と言われています。

出典:

結婚式の服装はただえさえ悩むものなのですが、これは必ず!というポイントがあります。それがストッキングです。基本的に結婚式のコーディネートになると女性の場合はスカートやワンピースが多くなるかと思います。すると自ずと足が出てしまうのですが、素足はこういったフォーマルな場ではマナー違反と言われています。

また、こういったブラックや柄もの、色ものは避けるのが無難です。おしゃれをしたい気持ちもわかりますが、あくまでも主役は新郎新婦さん。控えめで上品を意識して、自身の肌の色に近いものを選ぶようにすることが大きく失敗しない一つのポイントに。

出典:

また、こういったブラックや柄もの、色ものは避けるのが無難です。おしゃれをしたい気持ちもわかりますが、あくまでも主役は新郎新婦さん。控えめで上品を意識して、自身の肌の色に近いものを選ぶようにすることが大きく失敗しない一つのポイントに。

ストッキングは履きましょう。生足素足はマナー違反です。これは絶対のようでした。

次に色ですが、黒や派手すぎるものはNGのようです。自分の肌色にあったものが良いようですね。
ドレスとの兼ね合いで、どうしても黒のストッキングということであれば、ラメなど光る素材が入ったものにしましょう。

次に柄ですが大きく派手な"The 柄"というような品がないものはNGのようです。
柄は小さめで品がよいものにしましょう。

出典:結婚式でのストッキングのマナーについて - [結婚式でのマナー]GoGo Wedding

つま先やヒールの高さにも注意

次に結婚式に履いていく靴についてご紹介していきます。くつはつま先の出ないタイプのヒールが基本です。結婚式でつま先を出すのは演技が悪いことであるとされており、昔から結婚式にはつま先の見えない靴を履くのが習わしです。現在は昔ほどドレスコードは厳しくありませんが、身内や友人のみなどの結婚式でない場合には指先を見せない方が良いでしょう。

出典:

次に結婚式に履いていく靴についてご紹介していきます。くつはつま先の出ないタイプのヒールが基本です。結婚式でつま先を出すのは演技が悪いことであるとされており、昔から結婚式にはつま先の見えない靴を履くのが習わしです。現在は昔ほどドレスコードは厳しくありませんが、身内や友人のみなどの結婚式でない場合には指先を見せない方が良いでしょう。

結婚式のような場では、「妻が先に出る」という事で縁起が悪いと考えられ、つま先が出ている靴を結婚式で履くのはNGとされています。現在はそれほど気にされていませんが、縁起が悪いからつま先が出るものはダメというより、足の指を見せないというのがマナーとなっています。よほどカジュアルな結婚式でない限り、つま先が出ているタイプの靴は使用しないのが無難です。

出典:結婚式での靴のマナーについて。サンダルはNGなの? - [結婚式でのマナー]GoGo Wedding

靴を選ぶときにはつま先以外に注意したいポイントがもう一つあります。それがヒールの高さです。普段からパンプスなどを愛用している女性は多いと思いますが、フラットパンプスや、ヒールが低すぎるパンプスはNG。ややフォーマルさのでる5cm以上のヒールのものを選ぶようにしましょう。ヒールに慣れていない場合には、踵のついてあるアンクルストラップ付きのものを選ぶと良いでしょう。静かに歩けますし、安定感もありより上品に履きこなせます。

出典:

靴を選ぶときにはつま先以外に注意したいポイントがもう一つあります。それがヒールの高さです。普段からパンプスなどを愛用している女性は多いと思いますが、フラットパンプスや、ヒールが低すぎるパンプスはNG。ややフォーマルさのでる5cm以上のヒールのものを選ぶようにしましょう。ヒールに慣れていない場合には、踵のついてあるアンクルストラップ付きのものを選ぶと良いでしょう。静かに歩けますし、安定感もありより上品に履きこなせます。

結婚式ファッションのマナー〜小物編~

バッグの大きさ

足元の着こなしの次は、小物です。結婚式にあわせるコーディネートには必ずバッグは必須。手ぶらで行くなんてことはまずないと思いますから、正しいバッグ選びを心がけましょう。バッグを選ぶときは大きさに注意してください。仕事用のように一般的な大きさのトートバッグやショルダーバッグはNGです。よくモデルさんたちが持っているような、控えめで小さいバッグを選ぶのが基本です。

出典:

足元の着こなしの次は、小物です。結婚式にあわせるコーディネートには必ずバッグは必須。手ぶらで行くなんてことはまずないと思いますから、正しいバッグ選びを心がけましょう。バッグを選ぶときは大きさに注意してください。仕事用のように一般的な大きさのトートバッグやショルダーバッグはNGです。よくモデルさんたちが持っているような、控えめで小さいバッグを選ぶのが基本です。

花モチーフのアクセサリーはNG

また、バッグ以外にも身につけるアクセサリーにも注意が必要です。これは記事冒頭でもご紹介したように花嫁と被らないということに繋がります。白が花嫁とかぶるのと同じように、花やティアラとかぶるようなアクセサリーは避けるようにしましょう。結婚式でも最も定番のアクセサリーは真珠です。お葬式でもフォーマルとされている真珠ですから、着こなしには結婚式らしさが見えるエレガントさを意識することが大切かもしれません。

出典:

また、バッグ以外にも身につけるアクセサリーにも注意が必要です。これは記事冒頭でもご紹介したように花嫁と被らないということに繋がります。白が花嫁とかぶるのと同じように、花やティアラとかぶるようなアクセサリーは避けるようにしましょう。結婚式でも最も定番のアクセサリーは真珠です。お葬式でもフォーマルとされている真珠ですから、着こなしには結婚式らしさが見えるエレガントさを意識することが大切かもしれません。

太陽の出ている時間帯ならば、あまりキラキラしていないアクセサリーを選ぶようにしましょう。中でもパールは、品も良く結婚式、披露宴で定番なアイテムです

出典:結婚式に相応しいアクセサリーとは? | 冠婚葬祭Ch

お呼ばれコーデいろいろ

定番のブラックドレス

シンプルなブラックのドレスです。
肩が出ていますが、上にストールなどを羽織る事で問題なく出席できます。
丈も長めで、品を感じさせるデザインです。

出典:

シンプルなブラックのドレスです。
肩が出ていますが、上にストールなどを羽織る事で問題なく出席できます。
丈も長めで、品を感じさせるデザインです。

襟元がレースになっており、アクセサリーを付けなくとも華やかな雰囲気に仕上げる事が出来ます。
肩の部分が長めに作られているのでそのままでも式に参加する事が出来ます。

出典:

襟元がレースになっており、アクセサリーを付けなくとも華やかな雰囲気に仕上げる事が出来ます。
肩の部分が長めに作られているのでそのままでも式に参加する事が出来ます。

肩が出てしまうデザインもボレロなどを工夫する事でお呼ばれスタイルに変える事が出来ます。
全体の色をブラックなどでまとめている場合は差し色として使用するのもお勧めです。

出典:

肩が出てしまうデザインもボレロなどを工夫する事でお呼ばれスタイルに変える事が出来ます。
全体の色をブラックなどでまとめている場合は差し色として使用するのもお勧めです。

色がブラックなのでシックに仕上げる事が出来ます。
全体にレースを使っているので、シンプルな色ながら結婚式にふさわしい華やかさを演出する事が出来ます。

出典:

色がブラックなのでシックに仕上げる事が出来ます。
全体にレースを使っているので、シンプルな色ながら結婚式にふさわしい華やかさを演出する事が出来ます。

丈の長さ・腕の部分などマナーに合ったデザインです。
足元にポイントを置く事で、よりドレスを綺麗に見せる事が出来ます。

出典:

丈の長さ・腕の部分などマナーに合ったデザインです。
足元にポイントを置く事で、よりドレスを綺麗に見せる事が出来ます。

シンプルなブラックのワンピースは、ヘッドドレスなどを合わせることで一気に華やかでクラシカルなイメージに。

出典:

シンプルなブラックのワンピースは、ヘッドドレスなどを合わせることで一気に華やかでクラシカルなイメージに。

その他ワンカラードレス

首元がしっかり詰まっているので、露出が多すぎる事無く綺麗に着る事が出来ます。
腰の部分がリボンのように見え、女性らしいデザインです。

出典:

首元がしっかり詰まっているので、露出が多すぎる事無く綺麗に着る事が出来ます。
腰の部分がリボンのように見え、女性らしいデザインです。

首元・袖口にあるパールがさりげないながらも、品があり結婚式にはお勧めのデザインです。
バックもパールで統一する事で全体にまとまりのある雰囲気を出す事が出来ます。

出典:

首元・袖口にあるパールがさりげないながらも、品があり結婚式にはお勧めのデザインです。
バックもパールで統一する事で全体にまとまりのある雰囲気を出す事が出来ます。

シンプルなデザインですが、そのおかげで落ち着いた印象を与えてくれます。
さりげなくアクセサリーに一工夫するだけで印象はがらりと変わりますので、おしゃれを楽しみやすいデザインとも言えます。

出典:

シンプルなデザインですが、そのおかげで落ち着いた印象を与えてくれます。
さりげなくアクセサリーに一工夫するだけで印象はがらりと変わりますので、おしゃれを楽しみやすいデザインとも言えます。

個性的なデザインですが、TPOをしっかりと守ったデザインです。
アクセサリーやバッグを使用市、全体の印象を工夫する事でお呼ばれスタイルが完成します。
定番のパールなどが良く合いそうなデザインです。

出典:

個性的なデザインですが、TPOをしっかりと守ったデザインです。
アクセサリーやバッグを使用市、全体の印象を工夫する事でお呼ばれスタイルが完成します。
定番のパールなどが良く合いそうなデザインです。

袖が七分と長めに出来ているので、羽織を使用する事無くそのままさらりと着る事が出来ます。
レースを使用する事で透け感があり、女性らしい雰囲気のデザインです。

出典:

袖が七分と長めに出来ているので、羽織を使用する事無くそのままさらりと着る事が出来ます。
レースを使用する事で透け感があり、女性らしい雰囲気のデザインです。

華やかな柄

腰の部分で切替があり、爽やかな印象のデザインです。
大ぶりな花が華やかなデザインです。
肩出しにもうひと工夫ストールなどを合わせると良いでしょう。

出典:

腰の部分で切替があり、爽やかな印象のデザインです。
大ぶりな花が華やかなデザインです。
肩出しにもうひと工夫ストールなどを合わせると良いでしょう。

ドット柄がワンアクセントになっている、大人な華やかさを魅せてくれるドレス。ネイビーで上品さも抜群です。ストールを合わせるなど、肩見せ対策もおこないましょう。

出典:

ドット柄がワンアクセントになっている、大人な華やかさを魅せてくれるドレス。ネイビーで上品さも抜群です。ストールを合わせるなど、肩見せ対策もおこないましょう。

ストレートラインですっきりと上品なシルエットに仕上がっています。
肩のチュールはスリットが入ったデザインなので、肩を出しても問題なく着る事が出来ます。花柄が明るく、華やかな印象を与えてくれています。

出典:

ストレートラインですっきりと上品なシルエットに仕上がっています。
肩のチュールはスリットが入ったデザインなので、肩を出しても問題なく着る事が出来ます。花柄が明るく、華やかな印象を与えてくれています。

クールなパンツスタイル

2トーンのオールインワン。ゴールドで揃えた小物で華やかに。

出典:

2トーンのオールインワン。ゴールドで揃えた小物で華やかに。

一枚でサマになるオールインワンタイプも人気。ドレスよりもシンプルになりがちなので、小物でさりげなくスパイスを入れるのが◎。

出典:

一枚でサマになるオールインワンタイプも人気。ドレスよりもシンプルになりがちなので、小物でさりげなくスパイスを入れるのが◎。

パンツスタイルでも、レースのフレンチスリーブで女性らしい雰囲気に。

出典:

パンツスタイルでも、レースのフレンチスリーブで女性らしい雰囲気に。

袖が長いデザインですので、そのままさらりと着る事が出来ます。
腰の部分をベルトで締めたりしてもアクセントになって◎。

出典:

袖が長いデザインですので、そのままさらりと着る事が出来ます。
腰の部分をベルトで締めたりしてもアクセントになって◎。

のっぺりしがちなベージュは、小物の色で遊ぶのがカギ。派手になりすぎず、メリハリのあるコーディネートに仕上がります。

出典:

のっぺりしがちなベージュは、小物の色で遊ぶのがカギ。派手になりすぎず、メリハリのあるコーディネートに仕上がります。

結婚式のお呼ばれにおすすめのドレス

merlot plus - 袖レースチュールスカート切替ワンピース ¥6,980

ふんわりとしたシルエットで女性らしさ抜群のワンピース。ホワイトをワンポイントに取り入れたり、ややエレガントな小物をあわせて華やかに着こなせば、大人の落ち着きのある結婚式コーデに仕上がります。

出典:

ふんわりとしたシルエットで女性らしさ抜群のワンピース。ホワイトをワンポイントに取り入れたり、ややエレガントな小物をあわせて華やかに着こなせば、大人の落ち着きのある結婚式コーデに仕上がります。

laboratory work - セットアップパンツドレス ¥19,980

パンツタイプのドレスはフェミニンすぎずに、上品な大人を演出してくれるアイテムです。グレーと落ち着いたカラーのドレスを選ぶことで、シックすぎずに雰囲気の高いスタイリングが可能。ヒールをあわせるだけでエレガントな着こなしに近づけることができます。

出典:

パンツタイプのドレスはフェミニンすぎずに、上品な大人を演出してくれるアイテムです。グレーと落ち着いたカラーのドレスを選ぶことで、シックすぎずに雰囲気の高いスタイリングが可能。ヒールをあわせるだけでエレガントな着こなしに近づけることができます。

haco! - 普段遣いもできて結婚式もいける、レーストップスとワンピースセット ¥9,612

ワンピースとトップスのレースがセパレートタイプになっているから、カジュアルにもフォーマルにも着こなしやすい一着です。シンプルなデザインですが、レースでアクセントあることで他にはないワンランク上の着こなしに。パールのアクセサリーとの相性も抜群なので、結婚式コーデにもおすすめの一着です。

出典:

ワンピースとトップスのレースがセパレートタイプになっているから、カジュアルにもフォーマルにも着こなしやすい一着です。シンプルなデザインですが、レースでアクセントあることで他にはないワンランク上の着こなしに。パールのアクセサリーとの相性も抜群なので、結婚式コーデにもおすすめの一着です。

結婚式のお呼ばれにおすすめの小物&アクセサリー

YAHKI - ミニポシェット ¥18,144

普段使いでもカジュアルに合わせられるミニポシェット。ミニマルなデザインなので、あわせるシーンを選びません。エレガントなドレスにあわせれば、自然な雰囲気を取り入れることができます。

出典:

普段使いでもカジュアルに合わせられるミニポシェット。ミニマルなデザインなので、あわせるシーンを選びません。エレガントなドレスにあわせれば、自然な雰囲気を取り入れることができます。

phoebe - コットンパールマグネットピアス ¥3,456

決めすぎないワンアクセントとしておすすめなのがパールのピアスです。しっかりと存在感は示しつつも、主張しすぎないのがポイント。あわせるドレスを選ぶこともないですし、オシャレ初心者でも簡単におしゃれなお呼ばれコーデに。

出典:

決めすぎないワンアクセントとしておすすめなのがパールのピアスです。しっかりと存在感は示しつつも、主張しすぎないのがポイント。あわせるドレスを選ぶこともないですし、オシャレ初心者でも簡単におしゃれなお呼ばれコーデに。

PLAIN CLOTHING - パールネックレス ¥2,052

華奢なメタルネックレスをベースにパールを取り入れた上品なデザインのアクセサリー。定番の一歩先をいくようなさりげないエレガントさが魅力のひとつです。

出典:

華奢なメタルネックレスをベースにパールを取り入れた上品なデザインのアクセサリー。定番の一歩先をいくようなさりげないエレガントさが魅力のひとつです。

Carlie e felice - ポインテッドトゥプレーンパンプス ¥13,500 → ¥7,452

足元にあわせるには最もベーシックなポインテッドトゥパンプスが無難です。どんなドレスの足元にあわせても違和感なく履きこなすことができますし、普段使いでも一足あるとコーディネートが広がります。

出典:

足元にあわせるには最もベーシックなポインテッドトゥパンプスが無難です。どんなドレスの足元にあわせても違和感なく履きこなすことができますし、普段使いでも一足あるとコーディネートが広がります。

いかがでしたか?

マナーもおしゃれも◎な服装って? 結婚式のお呼ばれファッション(洋服編)

出典:

いかがでしたか?
基本のマナーから意外と知らないものまで、結婚式の服装には意外と多くのマナーがあります。
ここでは基本的なマナーをご紹介しましたが、式のスタイルや新郎新婦の意向によって、ドレスコードは様々。
もうすぐジューンブライドの季節。是非この記事を参考に、マナーに合ったお呼ばれファッションを楽しんでみてくださいね♪