1. トップ
  2. カリモク60

カリモク60

1件RSS

カリモク60は、カリモク家具株式会社の家具ブランドである。 カリモク家具株式会社のスタートは江戸時代に遡る。家業であった木材店を継いだ加藤正平が愛知県の刈谷市に木工所を創業したことから始まる。 当初は軍に需要がある銃の部品などを生産していたが1945年の終戦を迎え、生産品目を模索する苦難の時を過ごす。戦後の復興の波に乗り、1947年に刈谷木材工業株式会社を設立。 1950年代は自動車部品を入れる木箱などを生産し、1959年、アメリカ向けに輸出する家具のアーム部分の生産を請け負ったことなどから、家具製造技術を習得していく。会社の規模も拡大する中、伊勢湾台風の被害に遭い会社存続すら危うくなる。 1960年代は高度経済成長期を迎え、テレビやステレオのキャビネットなどの生産を行い、1962年初めてのオリジナルブランドの家具を作る。 1963年にはカリモク60のリビングテーブルが生まれ、翌年には現在の社名に変更し、全国に知られていくこととなる。 毎年のように新たなオリジナル商品を生み、1973年にはショールームをオープン。 2000年代に突入しても、カリモク60の家具シリーズは人気が衰えず、今なおファンの多いブランドとなっている。 日本のミッドセンチュリー家具といえばカリモク60である。どの家具にも誕生以来変わらぬ良さがあり、分かりやすく言えば昭和モダンの匂いがプンプンしている。独特の存在感とデザイン性の高さがあり、現代風の家でも古い家でも不思議とマッチするのである。 シンプルで美しいデザインのKチェア、どこか懐かしく温かみのあるソファ、風格のあるロビーチェアは不動の人気で模造品も多く出回っているが本物の良さには敵わない。 古いものや日本の良さに注目が集まる昨今、カリモク60はさらなるファンを日々増やし続けている。

センス良く見えるよ。カフェテーブルで居心地の良い空間をつくろう。

センス良く見えるよ。カフェテーブルで居心地の良い空間をつくろう。

お気に入りの場所でリラックスしながら楽しむカフェタイムは格別。おしゃれなお気に入りのカフェにあるような“カフェテーブル”がお部屋にあれば、自然と居心地の良い空間が広がります。お部屋のインテリアとコーディネートしたり、テラスに置いてくつろぎスペースを演出したりと、カフェテーブルの使い方は色々♪形や大きさも様々なバリエーションで、お部屋...

tina_tina

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play